NCBドレーン協会

NCBドレーン工法

NCBドレーン工法

施工管理

施工管理装置(プラスチックボードドレーン専用記録計)

プラスチックボードドレーン工法の施工管理システムは、ドレーン材検出器を用いてドレーン材繰り出し量、残置深度及び共上り量を計測します。その結果を記録紙にアナログ表示させるという方法を用いています。
しかし我々NCB協会では、近年要望される高品質な施工管理に対応する為、上記以外に必要に応じて、地盤高、改良下端高、設定油圧値等を直接、記録紙に入力できるデジタル式記録紙を開発し、実用化しております。

下記に現行型記録計と旧型記録計の概略比較を示します。

  デジタル式(現行型) アナログ式(旧型)
概要
  • オシログラフの電子納品が可能である。
  • 施工時の油圧値、傾斜角をデジタル化できる。
  • 必要な深度での油圧値が即座に確認できる。
  • 必要最低限の印字項目に加え、地盤高、改良下端高等の明記が可能となる。
  • オシログラフのみ電子納品が不可。この為、成果品が膨大な量になる。
  • 油圧値はオシログラフの目視確認となる。
  • 傾斜角はアナログ表記となる。
  • 印字項目は必要最低限(杭番、施工深度)のみとなる。
施工状況確認 液晶画面による自動視認 液晶画面による自動視認 オシログラフによる目視視認 オシログラフによる目視視認
成果品 データCD1枚程度 データCD1枚程度 オシログラフ数箱分 オシログラフ数箱分
施工管理装置 デジタル式記録紙イメージ図
ドレーン材検出器の構成図

ドレーン材検出器の構成図